その他

ガンダムのファンネルは、ドローンの法律だと合法?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ドローンの法律って?」まだまだ浸透していない状況なので、ガンダムシリーズに出てくるファンネルを例に当てはめていきます。

ドローンの定義

ドローンを規制する航空法では、「200g以上の無線等を利用し遠隔で、操作できる航空機を、無人航空機(ドローン)」と定め、航空法上の規制対象となっています。

では、ファンネルはどうでしょう?

ミノフスキー通信およびニュータイプの仕組みがどうかは、謎ですが、無線かつ無人で飛行していて200g以上ありますので、上記無人航空機に該当するとして、航空法の規制内容にあてはめて行きます。

いろんなロケーションでファンネルの運用検証していきます。

ケース1 都市部での戦闘の場合

許可なく、都市部(人口密集地)で飛行した場合、違法です。

ただし飛ばなければ大丈夫ですので、

対策

掴んで殴って戦うのが、望ましいでしょう。

ケース2 空中戦の場合

許可なく、直下の地表面から150m以上の飛行は違法ですので、

対策

地上戦での利用をしましょう。
νガンダムの全高が24.2mなので、おおよそ130m飛ばせる高さが残っています。
空中で射出する場合は、νガンダム自体の高さ分引いて運用が必要です。

(有人機から無人機の空中射出に関しては、今の所ややこしいので除外)

ケース3 空港・重要施設周辺での場合

許可なく、空港および重要施設周辺での飛行は、違法ですので

対策

飛ばさずに掴んで使うのが、望ましいでしょう。

ケース4 射出時の注意

許可なく、操縦者の目視の範囲外での飛行は違法ですので

対策

コックピットから出て、肉眼で見ましょう。(コックピット内で、映像を確認できたとしても肉眼ではない)。 なおかつ見えない距離や、遮蔽物に回り込んで、見えなくならないように注意が必要です。

どうせならνガンダム自体も無人化して、乗り込まず両方見える範囲で遠隔操縦がいいかもしれません。

ケース5 夜間の戦闘の場合

許可なく夜間(日没後)の飛行は違法ですので

対策

日中であれば大丈夫です。日の出から日の入りまでのフェアな戦いを行いましょう。
宇宙空間であれば、前述した150m以上なので、ダブルでアウトです。

ケース6 非戦闘員がいる場合

許可なく、飛行中のファンネルの30m以内に無関係の人や、物があれば違法となりますので、

対策

掴んで使うのが、望ましいでしょう。

もしくは、30m以上離れたエリアで飛行させましょう。

ケース7 イベントの場合

許可なく、式典や、不特定多数の人が集まる場所での飛行は禁じられていますので

対策

掴んで使うのが、望ましいでしょう。

イベントの定義はややこしいので割愛しますが、何かあったら大変なので、人が集まる場所は避けましょう。

ケース8 ファンネルからビームの射出の場合

許可なく、物的の投下が禁じられています。ビームを物的というかどうか謎ですが、ダメージを与えたり当たったヤクトドーガが、ぶっ飛んだりしてて、質量が存在しそうですので

対策

手に持ってビームを出す。

もしくは、飛ばすならフェンネル自体で体当たり

ケース9 ビームの燃料が危険物の場合

ファンネルからでる、ビームの燃料が何かわかりませんが、どえらい出力ありそうなので、危険物とみなします。よって許可なく、危険物の搭載が禁じられていますので

対策

手に持ってビームを出す。

もしくは、飛ばすならフェンネル自体で体当たり

許可の取得に関して

ファンネルを運用するのであれば

  1. 都市部以外で、
  2. 空港や重要施設から離れて、
  3. 無関係の人と物から30m離れた距離で、
  4. イベントや式典のない状況で、
  5. コックピットから出て肉眼で見える範囲で、
  6. 日の出から日の入りまでの時間内に、
  7. 危険物を搭載せず、

飛行させましょう。

許可取得するには?

許可を取得せずにと言ってきました。許可を取ればできるケース1〜9の中で飛行できる可能性もあります。

しかしその許可の取得に関しては、上記ルールを守った上で、10時間以上の飛行の実績や、知識、技量を持った上で、安全対策等をしっかりとケースごとに講じた上で、国交省に申請し、許可取得が可能です。

最後に

ファンネルという単語をドローンに変えれば、まぁドローンの運用に当てはまりますぺこり。

ちゃんとドローンの法令を知りたい方はこちらの記事( 航空法を解説 )を参照ください。

もしくは、弊社へご相談ください。

  • 注意1:νガンダムは、アムロが乗っていますので、有人機として取り扱います。またガンダム自体は合法と仮定します。
  • 注意2:わかりやすさのために簡易な表現にしている箇所があります。詳細は国交省のHPをご確認ください。
  • 注意3:そもそもフィクションなので、真面目なツッコミはご遠慮ください爆

文章企画、構成:Twitter@inadariann

イラスト:Twitter@no_ki_33

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJI公式

Facebook