保存版!初めてのドローンの選び方カタログ!

目的別ドローンの選び方カタログ

初めてドローンを選ぶ際に、何から見ていけばいいのかわからなかったです。今ではいろんなメーカーから様々な機体が出ていますが、以下の3つのパターンから選んで行きましょう。

  • 重量(航空法の対象外のトイ→本格的なドローンへ)
  • 性能(操作の難しい練習機→本格的なドローンへ)
  • メーカー(日本の代理店を通じて技術適合をしっかりと取得したドローン)

重量で選ぶドローン

これから空撮やドローンで遊ぶ、または産業として利用しようと考えている方は、「200g未満から初めて慣れたら200g以上」の機体に入っていくことがオススメです。

ドローン重量

その理由としては、2015年12月10日に航空法の改正が行われました。それによって200g未満と200g以上のものでの規制内容が異なります。

200g未満のトイドローンとは?

航空法での規制に当たらない(モラルやプライバシーは順守)おもちゃの扱い(トイ・ホビードローン)

▶200g未満のトイドローンはこちら http://dration.com/topics/select/wight/under200g

200g以上の本格ドローンとは?

航空法で定められた無人航空機(通称ドローン)です。航空法に従った利用(記事:簡単まとめ!ドローンに関する航空法改正解説!)が必要です。

▶200g以上の本格ドローンはこちら http://dration.com/topics/select/wight/over200g

性能で選ぶドローン

性能の分類

カメラ無し、カメラ有り、リアルタイム映像確認可能の3パターんがあります。しかし高性能なものほど高価で重量があがります。

空撮性能で選ぶドローン

大枠でいうと、

  • 練習機(カメラ無し)・・・安価な機体が多く、飛ばす楽しさ重視です。安定性が低いので練習には持って来いです。
  • カメラ付き・・・上記より高くなりますが、安価です。安定性が低いので練習には持って来いです。映像はぐらつく映像になる場合が多いです。
  • FPV可能・・・FPV(リアルタイムに映像を見ることができる)本格的な空撮などはこちらになります。機体のセンサーも多く搭載しており安定した飛行ができるものが多いです。

ただし最近はトイドローンだけどFPV機能付きというものをちらほら出てきました。その代わり飛行性能は抑えめと言った感じです。

性能で選ぶドローンカタログ

概要:メーカーで選ぶ

輸入品は危険

あまり気にする方がいないですが、非常に重要です。というのも海外製のドローンをそのまま日本国内で利用してしまうと電波法違法になる可能性があります。というのも技術適合マーク、通称技適を取得していないからです。

ドローンメーカーまとめ

よってしっかりと日本の代理店を通じて技適を取得した製品を購入しましょう。

メーカーで選ぶ ドローンカタログ

▶DJI ドローンシェア7割を持つと言われる業界を引っ張る代表メーカー

 http://dration.com/topics/select/production/dji

▶Parrot 子供向けのトイからハイスペック空撮機まで幅広い老舗メーカー

 http://dration.com/topics/select/production/parrot

▶ジーフォース 日本の販売店、世界的に売れているトイドローンメーカーHubsanからオリジナル機まで様々なニーズに対応

 http://dration.com/category/select/production/g-force

▶ハイテックマルチプレックスジャパン 日本の販売店、入門機からハイエンド機更にはレース機まで最も幅広い商品群をもつ

 http://dration.com/category/select/production/hitec

▶京商 おもちゃ屋さんなどで大人気のクアトロックスシリーズはこちら!

 http://dration.com/category/select/production/kyosho

オススメの記事

▶ドローンの基礎知識 機体選びの前に、ドローンって何?法律は?安全に使うためには?どの最初の疑問に回答しています!

 http://dration.com/basick

基礎初心者マルチコプター

▶質問コーナー 皆さんからのご質問を募集しています。

 http://dration.com/category/anser

ドローンQ&Aコーナー

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122