phantom3特集

復活のPhantom3!モーター交換修理!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
復活のphantom3!モーター交換修理

こんにちは、ドローンオタクのダリアンです!

前回の「Phantom3水没⇒分解修理」。。。という涙無しには語れない状況から約2週間。。。
今回、見事に復活しました!!!!!!ぐふぉーーーー嬉しすぎます!!!

協力してもらいました

Phantom3のハンダは銀が混ざっていて融点が高いので強いハンダゴテが必要とのアドバイスを頂きました。
そこで!私は持っていなかったので、等サイトのテクニカルアドバイザーのドローン有効活用研究会(国際医療救命学科)の小澤さん(プロフィール)にご協力頂きました。

Phantom3の分解手順

Phantom3の分解については、前回の記事
分解!修理!Phantom3水没したってよ!
をご参照ください。

モーター交換の流れ

付け間違い防止の為に1つ外して1つつけるの手順がいいです。

どれが、モーターの配線なのか?
phantom3モーター交換修理8
ここはしっかりモーターからたどってチェックしてください!真ん中の3つを剥がして行きます。

うまく外せました。黒、赤、黄色のケーブルです!
phantom3モーター交換修理11

次はモーター自体を外します。
phantom3モーター交換修理10
これは簡単裏からネジを4つ外すだけです!

新品モーター取り付けます。
phantom3モーター交換修理6
さっきとは逆にハンダをつけていきます。
注意が、2つ。モーターが2種類「CW」と「CCW」があるのでそれを間違いないようにしましょう。
モーター中心の軸(ネジ)の色が違います。

基板に配線の色が書いてあります。
phantom3モーター交換修理12
BK、RD、YW。ブラック・レッド・イエローですね!

上記の感じで4つ交換しました。<br/ >
phantom3モーター交換修理3

前回の記事の逆の順番で、つけ忘れがないように気をつけましょう。特にネジ!漏れがちです。
phantom3モーター交換修理2

という訳で、復活!!!!

IMG_6636

ハンダ付けに関して

小澤さんからハンダ付けに関してアドバイス頂ました。
1, 半田は融点が高いときはコテライザーのようなガス式高出力のものがおすすめ。
2, 融点が低いと芋半田状態に成ってしまうため、きっちりと基盤にくっついていることを重視する。ここで抵抗が発生していると熱が発生して最悪溶けたりはがれたりして墜落する。
3, 万が一高負荷運転などで半田が溶けたときにすぐに配線がはずれないように配線にテンションが上むきにかかっていないように取り回しを注意する。
4, 飛散した半田で基盤ショートしないように作業を慎重に、温度が高すぎてもまずいし、短時間でやらないと、電子部品が壊れてしまう。
5, 前提として電源が入っていると2Aとも言われる大電流によって簡単に心停止するので絶対バッテリーを装着しないこと。
6, 蓋を開けた状態でモーターテストを絶対に行わないこと。
7, 蓋を閉めるときにGPSのユニット接続端子を確実にコネクトすること。

最後に
 自信がなかったら絶対にチャレンジしないで、販売店に修理を依頼する勇気を持つこと。
不確実な修理をしたあとの機体は保険適応外となる可能性もあり、誰かに譲ったあとまで責任を背負う覚悟を持つこと。
●ハンダ付けに関しての参考リンク http://www.noseseiki.com/kouza/index.html

フライトテスト

まずは、そもそもの動作確認!
1,ペラを外して行う。(ペラつけたときは2kg以上の重りに紐付きで風のない屋外でスタートしたほうがいい)
2,おかしいと思ったら、墜落させられる柔らかな芝生の上でテストする

上記を完了して、小澤さんがAEDを運ぶために研究中のS900と一緒にテストフライト行ってきました。
父の周りを喜び回る子供みたい。

商品リンク Phantom3

モーター

黒軸のCWを2個

シルバー軸のCCWを2個

DJI公式 HP

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122

初心者の為のPhantom3解説

ドローンで空撮を目指すのならば避けては通れないドローンがPhantomシリーズです。
私自身が利用して、すべての事を実践に基づいて解説しています。


よく読まてれいる記事

スポンサードリンク