2016年発売

【開封DJI Mavic】ドローンユーザーが気になるポイントチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dration%e7%94%bb%e5%83%8f-125

爆発的に予約が入っている噂を聞くDJIの小型ドローンMavic Pro発売前にお借りすることが出来たので、細かくチェックしました。 

  • 全体的な実際の取り回しはどう?
  • ペラはずせるの?
  • 送信機ボタン周りどう?
  • タブレット使えるの?
  • 充電器がなんか違う?

こんなところをチェックしました。

▶近日公開予定!

  • 【カメラ編】気になるポイント満載!DJI Mavic Proレビュー
  • 【設定編】気になるポイント満載!DJI Mavic Proレビュー

サイトでは分からなかった本体の細かな点 DJI Mavic Pro

まずは、単純に可変の方法がこちら 折りたたみ状態から

mavic-review_3776

まず横に広げて

mavic-review_3774

本体したから広げて完成

mavic-review_3775

カメラカバーとジンバルのマウントはこんな感じ。カバーの奥にジンバルマウントあります。必ず外しましょう。

mavic-review_3777

毎回ジンバルのマウントを外すために、カバーも外さないと行けないので、少し面倒でした。(かといってむき出しで持ち歩きたくは無いので、はめた方が良さそう)

mavic-review_3865

カバーとその奥のジンバルマウントを外すとこういう感じ。ジンバルはこんな感じ。ゴム的な物で支えていて、ここはPhantomシリーズに比べると弱そうなイメージ。しっかり保護したり取扱には注意しようと思いました。

mavic-review_3877

本体の全体をみていきましょう DJI Mavic Pro

正面

カメラとジンバル、そして障害物センサーが備わっています。ここはHPでみたまんま。

mavic-review_3878

本体左側

microUSBポートがあります。これはアップデートの際に接続します。(アップデートについても近日記事化予定)

mavic-review_3910

本体後方

方向をみやすい用にLEDライトがついています。ドローン本体サイズの割には大きいので、可視性ばっちり(GPS接続時緑、GPS無し黄色、飛行不可赤)

mavic-review_3908

本体右側

Micro SDカードの挿入口があります。

mavic-review_3904

本体上部

バッテリーは側面にある、黒い出っ張りを両側から押すと上に簡単に抜けます。Phantomシリーズより全然楽に取り外すことができます。

mavic-review_3873

プロペラも簡単に外せる

実は、折りたたみだから気づかなかったですが、他のドローン同様にプロペラも簡単に外すことができます。

mavic-review_3874

上から下に押し込みつつ回転で外れます。

mavic-review_3875

モーターの軸にバネがカマせてあります。それで押し付けつつ突起で引っかかるいつものパターンです。プロペラガードが無いので、このように簡単に外せて交換できるのは必要ですね。

mavic-review_3876

送信機のボタンとスマホ・タブレット対応可否について

実は、一番気になっていたのが送信機です。マウントが変わってどのサイズまでハマるのかを調査!

展開前

まずは、折りたたんた状態がこちら。

mavic-review_3771

展開するとこのような感じ。アンテナとスマホ固定のパーツを広げるだけ。左側に小さく写っていますが、接続端子が、この右側の部分iPhoneのLightning端子になっています。

mavic-review_3879

ここで注意Androidのスマホを利用する場合、送信機側もmicroUSBで、スマホと接続もmicroUSBです。(普通は送信機側がUSBで、スマホ側がMicro USB)なので、Android端末の場合下記のタブレットの接続方法で接続する必要があります。

mavic-review_3883

スマホ・タブレットの利用可能なサイズ

スマホ装着

まず、装着方法はこちら iPhone6(4.7インチ)を装着。しっかり奥まで入って固定されています。しかしホームボタンが隠れてちょっと押しにくかったです。

mavic-review_3884

次にiPhone7 Plus(5.5インチ)を装着

mavic-review_3365

お気づきでしょうか?じつは、、、ケースを付けていると奥まではいりません。でも両サイドをしっかりと押し付けるとしっかりゴム部分のお陰で固定されます。しかもホームボタンもしっかり押しやすいです。

よってスマホにケースありのほうが使い勝手よかった(ゴムをしっかり押し付けて)です。

実はタブレットもイケる!

タブレットも接続方法ありました。これHPにも書いて無かったのですが、イケます。 実は送信機の下部中心にUSB端子があります。

mavic-review_3879

ここに利用したいタブレットのケーブルを差し込み、接続すると問題なく動きました。 もちろん。このように送信機の下部のマウントにはめることはできませんので、スタンドなどを用意したほうが良さそうです。

mavic-review_3887

ちなみにタブレットとスマホ2個同時に繋いだら

接続端子が左側面と、中心の2箇所あります。ではタブレットとスマホ2個同時に繋いだらどうなるのか??

mavic-review_3890

結論:先に繋いで起動した1っぽうのみ起動する。でした

充電器もパワーアップ

なにげに嬉しかったのが充電器がいい感じに変わったことです。

充電器にUSB端子が2つ

通常のバッテリーの充電端子だけではなくUSB端子が2つついています。

mavic-review_3918

スマホを接続するmicroUSB端子を抜いてそこにMicro USB to USBケーブルを差し込むと送信機を充電可能です。

mavic-review_3920

では後1個のUSBは何に使うかというと、利用するスマホやタブレットも充電できます。

これ1個で必要なもの全部が充電できるようになっています。うん!超便利!

mavic-review_3919

Phantom4の小型でカメラ劣化版と思っていたら全然違った

今までPhantomシリーズなどでは、この幅を飛行させるの怖かったんですよね。でもMavicは小さいので、ストレスなく攻めれます。

img_3785

送信機の操作にクイックに反応してくれますし、小さいので狭い場所や近い絵がかなり飛ばしやすく、撮りやすいです。

飛ばすということのストレスが圧倒的に低いです。この部分だけでもかなりPhantomと違ってオススメポイントです。なんだかんだPhantomだと大きくて圧があったのですが、Mavic Proのサイズ感と挙動の感じで見事に軽減されています。 とにかく飛ばすということが、気楽かつ軽やかです。

以上開封と各種細かくみたレビューでした。

関連記事

▶【設定編】気になるポイント満載!DJI Mavic Proレビュー(近日公開)

▶【カメラ性能編】気になるポイント満載!DJI Mavic Proレビュー(近日公開)

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122

ほぼ毎日ドローンニュース配信中!

「最速で」サイトには掲載していない、新商品リリースや、バズった動画や、最新ニュースや、セール情報をその日だけの情報を配信しております。


Facebookページならではの、スキマ時間で読みやすい情報をシェアしています。


 

▶Facebookページはこちら

スポンサードリンク