ドローンカタログ

空撮トイドローン!クアトロックスULTRA開封&設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonなどでバカ売れしているカメラ付きのホビードローン クアトロックス アイ なんとその性能がグーンとバージョンアップしたクアトロックス ULTRAのご紹介です。

2部の前編、後編に分けてご紹介しています。
・前編「開封〜飛行前」
・後編「遊んでみたレビュー」
この記事は、前編「開封〜飛行前まで」です!

性能 クアトロックス ULTRA

ざっくり以前のクアトロックと比べると
1,電子コンパスによって飛行安定性がUP
2,カメラ性能がぐーーーーーーーーんとUP
しています。
サイズはほぼそのままで空撮がしやすくなっている印象です。

詳細スペック

クアトロックスULTRA 2015-08-31 17 08 55

  • 飛行時間 :約8分(充電100分)
  • 飛行距離 :室内3m
  •      :屋外30m
  • センサー類:ジャイロ、電子コンパス
  • 大きさ  :340mm × 340mm × 55mm
  • 重量   :約120g(本体)
  • 写真   :200万画素
  • 動画   :HD撮影(1280×720px/30f(AVI))
  • 機能   :空撮(写真・動画)、フリップ、ヘッドレストモード、スピード切り替え

開封&組み立て クアトロックス ULTRA

まずは開封。箱は結構大きいのですが、本体は意外と小さくみえます。
クアトロックスULTRA 2015-09-01 14 43 14
iPhone5sと大きさの比較。ボディは、iPhoneより小さいです!重さは約120gなのでほとんど同じ重さですね。
クアトロックスULTRA 2015-09-01 14 44 23 のコピー
同梱物は、ドローン本体、専用送信機(プロポ)、予備プロペラ、充電器、プロペラガード、ドライバー、カメラ、microSD読み取りUSB、説明書
クアトロックスULTRA 2015-08-15 14 53 34
別で必要な物は、単3電池が4本とmicroSDカード(推奨4GB)です。

組み立て クアトロックス ULTRA

本当に簡単です。2つあります。カメラの取り付けとプロペラガードの取り付け

まずはカメラの取り付け。作業時間約1分
本体の底に以下のようにケーブルを差し込んで
クアトロックスULTRA 2015-08-15 15 09 05
そこにつまみと引掛けがあるので差し込みで終了
クアトロックスULTRA 2015-08-15 15 09 18

次は、プロペラガードの取り付け
作業時間約3分(1個1分かかってないと思います。)
写真 2015-08-15 14 55 42
プロペラの底にネジ止めしていくだけです。
クアトロックスULTRA 2015-08-15 14 56 23
完成!!!かっこいいですね〜

送信機のディスプレイ クアトロックス ULTRA

今までのトイドローンの中で一番わかり易いと思いました。
クアトロックスULTRA 2015-08-15 15 16 20
表示される項目としてめっちゃいいと思ったのは
・4枚のプロペラの可動状況
・電池残量
・動画or写真のアイコン(オンオフが視覚的にわかる)
などです。

注意としては、操作のモードは、表示上モード2ですが、実際の操作は日本式のモード1です。ご安心を!
ではコレで準備完了!
後編は、実際の飛ばして、空撮してみたリアルレビューです!

詳しい製品情報 クアトロックスULTRA

クアトロックスULTRA 白色

予備電池

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122

ほぼ毎日ドローンニュース配信中!

「最速で」サイトには掲載していない、新商品リリースや、バズった動画や、最新ニュースや、セール情報をその日だけの情報を配信しております。


Facebookページならではの、スキマ時間で読みやすい情報をシェアしています。


 

▶Facebookページはこちら

スポンサードリンク