熊本地震ドローンを利用した調査・支援活動まとめ

熊本地震に関する支援活動まとめです。

地震直後の感想の記事はこちら

【雑談】熊本在住です。しかしドローンにおいて今のところ私は無力

支援活動については、以下です。

立野地区の現地調査

2016年05月01〜28日:計4回立野地区の農地調査

広大な農地をお持ちなため数回に分けて調査を行う。土砂崩れによって水道が断裂し今だに水が復旧していない。ただどこの農地を安全に利用することができるのかをドローンによって調査

201605010120160502

20160428aso20160429

ボランティアさんの活動の記録として空撮

ボランティアさんによってジャガイモの収穫などを急ピッチでおこなっている。

スクリーンショット 2016-06-19 22.58.54

土砂崩れした所でもじゃがいもを掘り出している。

スクリーンショット 2016-06-19 22.59.11

2016年06月22日 追記

大雨による土砂崩れによって立野地域に現状入ることができません。現地の方と調整を行いドローンによる調査を行う予定です。

南阿蘇鉄道の被害状況調査

2016年05月21〜22日

被害状況がひどい地域での撮影だったため、熟練のドローンパイロット(山口県産業ドローン協会や有志パイロットにより)と共に立野駅〜長陽の鉄橋までの被害状況調査を行いました。

スクリーンショット 2016-06-19 22.45.55

スクリーンショット 2016-06-19 22.46.09

※空撮映像や資料等は、南阿蘇鉄道に提供のため非公開

崇城大学ボランティアビレッジでのPR支援

ボランティア活動をする人の為のキャンプ村のPR支援の為の空撮。どのような環境かを伝えることによってボランティアさんがきやすい環境を伝えたいとのこと

作成途中

完成

最後に

今後も人の入れない地域の調査やPRにドローンを使った支援活動を行います。

▶プロフィールはこちら http://dration.com/about

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122