サイズで選ぶドローン

サイズ・特徴で選ぶドローン

 

法令施行前の分類の記事

いきなり高額な空撮機体を買ったもののいきなり墜落して破損ってなったら泣きたくなります。選び方のポイントを伝授します!

まず、ドローンは、以下の図の用に大きさによって性能が異なっている場合が多いです。

ホビードローンメーカー紹介.002

 

小型から初めてだんだんと大型にしていったほうがいい理由としては、「小型⇒ホバリング性能が低い⇒操作技術が身につく」と言った理由からです。技術が身についてから大型かつ高性能・高価格なものにすると安心ですね。

ミニホビー

  • 用途  :練習
  • 飛行場所:室内
  • 性能  :低い
  • 空撮  :無し
  • 価格  :4千〜1万円程度

機体は、こちら「ミニホビードローン

ホビー

  • 用途  :練習&空撮入門
  • 飛行場所:室内外
  • 性能  :中程度
  • 空撮  :機体により様々
  • 価格  :1〜5万円程度

機体は、こちら「ホビードローン

スタンダード

  • 用途  :個人での空撮
  • 飛行場所:室内外
  • 性能  :高い
  • 空撮  :飛行しながら映像確認が可能
  • 価格  :6〜20万円程度

機体は、こちら「スタンダードドローン

プロ

  • 用途  :カスタムに応じ様々
  • 飛行場所:室外
  • 性能  :非常に高い
  • 空撮  :飛行しながら映像確認が可能

機体は、こちら「プロ用ドローン(準備中)」

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122