基礎

車に例えて解説!わかりやすい「ドローンとは何!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドローンって何基礎初心者

イメージで捉えられるように砕いた感じで解説します。「ドローンとは何?」の概要を捉えて頂ければと思います。

  • ラジコンと何が違うの?
  • あの羽が4つのやつでしょ?
  • 飛ばないのもドローンなの?

そんなことを解説します。

ドローンの分類・種類

皆さんドローンと言えば

ドローンって何?初心者

このような羽4枚の飛行物をイメージされる方が多いと思います。
しかし、実はこれはドローンの中の一部でしかないです。次の図をご覧ください。

ドローンって何意味1
この図の様にドローンの飛行するための仕組みに応じて様々な呼び名があります。先ほどの羽4枚のものは、「ドローンの回転翼機のマルチコプターのクアッドコプター」というものです。もちろん図にあるように固定翼機という羽の回らないドローンもあります。回らない?そうです。簡単に言うと飛行機型のドローンです。

以下に簡単に特徴を解説します。

▶回転翼機・・・羽を回してその風(推進力)で飛行する。

  •  メリットその場で上昇でき、空中に止まれる。
  •  デメリット飛行にエネルギーを大きく消費する為飛行時間が短い

▶固定翼機・・・上昇後は風による推進力で飛行する。

  •  メリット風を利用し、エネルギー消費が少ないため飛行時間が長い。速度も速い。
  •  デメリット離着陸にある程度の土地面積が必要。その場にとどまることが出来ない

▶チルト機・・・プロペラを持った「変形型」固定翼機。回転と固定を両方搭載し使い分ける

  •  メリット離着陸を回転翼で、飛行を固定翼で行うため上記両方のメリットを利用できる
  •  デメリット構造・運用が複雑になりかつコストがかかる

▶マルチコプター・・・羽の枚数によってトライ(3)クアッド(4)ヘキサ(6)オクタ(8)と呼ぶ

▶シングルローター・・・ヘリコプターの事。羽2個じゃん!シングルじゃないじゃん!がしかし、メインローター(回転動力)が1つで。しっぽのローターはサブという扱いなのでシングルローターと呼ばれる。

ドローンってラジコンと何が違うの?

まずはそもそも、ドローンの構造の話をします。
以下の図をご覧ください

ドローンって何意味2

イメージとしては

  • ラジコン = マニュアル車
  • 自律ドローン = AT車
  • 完全自律ドローン = 自動「運転」車(googleCarなど)

現状市販されているものは、ラジコンは、操縦が非常に難しく、人の技術を多く有するものでした、しかしセンサーやプログラミングによって人の技術のハードルが下がった(不要というわけではない)ものが自律ドローンです。そして進んだ機能を持つ完全自律ドローンは。産業用で研究開発が進んでいるますがパッケージとして販売されているものはまだ少ないかつ非常に高価です。

ドローンと同意語

様々な用語や定義がありますが、ざっくり言うと上記に解説したように
「ドローン=無人航空機=UAV(Unmanned aerial vehicle)」です。
(UASは、無人航空システムなので機体を含まない意味で利用されます。)

しかし、昨今は、もっと広い意味で利用されることが増えて来ています。簡単に言うと
「ドローン=ロボット」
としての定義と混ざって来ています。無人であるものすべてですので、陸上の探索ロボも、水中の無人潜水機もドローンと呼ぶ場合が出てきています。
1項目目で解説した、「センサー+プログラムで動く無人の機械」を飛ぶ飛ばないに関わらずドローンとするという流れです。

以上「ドローンってそもそも何なのさ!?」の解説でした!

その他もっと解説しています。関連記事「ドローン基礎知識はこちら

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク