最新記事

第9話「ドローンと法律その②「飛ばしていい場所!?」」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の第8話「ドローンと法律その①「技適マーク!?」は

こちら:http://dration.com/basick09

今回のドローントピックス

ドローンでいろんな事故とか起きてるけど、どこで飛ばせばいいの?

法律とかってやっぱりあるんだよね?

常識って人によるから、ちゃんと知っておきたい

そんなことをどろろ博士が答えます。

  • 高さは、どこまで?
  • 場所は、どこ?
  • その他、条例と常識

高さは、どこまで?

どろろ博士
前回は、飛ばしていいドローンについて教えたのじゃが
今回は、飛ばす場所についてなのじゃ!
まずは、高さについては、航空法が、関連しておる。
ドローンの高さの条件

  • 航空路内:150メートル以下
  • 航空路外:250メートル以下
  • 上記プラス空港から10キロメートル以上離れる

とび太
なるほど!高さは、飛行機は非常に関係ありますね。
飛行機に乗るときに携帯の電源もオフにするように、ドローンの電波が邪魔したら非常に危ないですもんね!
どろろ博士
その通りじゃ!
とび太
ちなみに航空路って何ですか?
どろろ博士
航空路とは、飛行機が飛ぶ道じゃ。
飛行機も飛ぶルートが決められておるから、そこの下の場合は、高さを下げねばならぬのじゃ。
しかし、航空路を調べるのも大変じゃから、基本的には150メートル以下がいいじゃろうな。

場所は、どこ?

どろろ博士
次は、場所についてじゃ
まず民法では、土地の所有権と共に空も所有権があるため
他人の土地の上空での飛行は禁止されておる。
単純にプライバシーの侵害にもなるしな。
とび太
家の上じゃなくても、自分の家の近くをしらないドローンが飛んでたらとても不安になります。
どろろ博士
まったくその通りじゃ。
次は、道路交通法じゃ。
これは、言葉の通り。道路に関する法律なのじゃが、 道路上空の飛行も禁止されておる。
車に落ちたら大変な事故につながってしまうし危険じゃ。
とび太
基本的に何かの上を飛ぶのは、法律で禁じられてるんですね。

その他条例と常識

どろろ博士
今教えたのは、法律に関わるところじゃが、その他にも注意すべきところが沢山あるんじゃ。
まずは、条例によって独自に禁止されている場合じゃ。

条例は、市区町村などが独自に定めるもので、これは調べてみないとわからないのぉ

とび太
へぇー街で禁止している場合もあるんですね!
どろろ博士
あとは、公園、河川敷などでも独自に禁止していたりする場合もあるのじゃ。
公共の場所はみんなの場所じゃからな。
あとは、人が近くにいる場所は、もしもの墜落などを考えるととても飛ばすのは危険じゃ。
とび太
そうですね。風とか、急な故障とかあったら危ないですもんね。
どろろ博士
今回話したのをまとめると、飛ばせる可能性のある場所は、

  • 自分の土地
  • 条例等で、禁止されていない公園や河川敷など
  • 人のいない場所
  • プライバシーを侵害しない場所

じゃ。もちろん例外もあるから外でのフライトは、ちゃんと慣れた人のアドバイスを聞きながら
人の迷惑にならないようにということが大事じゃ。
あとは、公的な手続きや許可などを得ていれば、飛ばせる場合も出てくるが、初心者はすべきではないのぉ

とび太
はい!よくわかりました!
どろろ博士
では、次回は機体選びについて教えよう!まずは、「ミニホビーについてじゃ!」

今回のドローンまとめ

ドローンを飛行させる条件の例

ドローン飛行場所

連載 どろろ博士ととび太君

第8話 「ドローンと法律その① 技適マーク?

第10話 「近日公開予定

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122 dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122

スポンサードリンク