その他

贅沢なフルアーマーTello!ドローンに片目だけのヘッドマウントディスプレイAirScouter WD-300A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

待ってました!待ってました!とうとう最強装備が出てきました!結論から言うと今までの片目のとはわけが違う!

今回ブラザーさんからレビュー用にお借りすることができましたのでご紹介!

ざっくり言うと エアスカウターWD-300A

  • とにかく明るい!現場で使えるレベル
  • デカすぎず小さすぎず持ち運びに耐えれる

明るい!

外でも見えるレベルの明るさ!これが1番今までのいろんな商品との違いなのですが、、、

文章では伝えられない!

とにかく、現場で使えるレベルの明るさです。

焦点距離が、約30cm ~ 無限遠で調整可能で自分の目の焦点をうまく合わせることができて、

自分の空撮映像の中にドローン本体が飛んでるみたいな見え方が可能です。

画質は720p(1280×720ピクセル)

サイズ感がギリ!

goproのケースに全部入りました。これで持ち運べるので楽チン。

重さも170gと激軽い!

装着するとこんな感じ。ヘッドバンドが軽いけどしっかり抑えてくれるので、ズレ無かったです。

日頃から帽子をかぶる私にとって違和感なしです。ただ、帽子はいる感じです。なしだと気持ち悪いっすw

モバイルバッテリーから給電するので、ポッケだと邪魔だったので肩掛けのミニバッグに入れました。

設定で苦戦したところ

右側のボックスにHDMIの入力と、モバイルバッテリーを接続するmicroSDがあります。それを繋ぐだけでいけます。

がしかし、ドローン(INSPIRE2やPhantom4Pro)などのHDMIの出力設定を720p60fpsにする必要があります。これがに気づかず、いつまでも映像が出ないと設定をいじりまくりました。

PhantomシリーズをHDMI出力できるようにするには、以下の商品が必要です。

記事:「グラつき解消」と「HDMI追加」!Phantom3の送信機(プロポ)をもっと使いやすく

ここがもう一声ほしかった

ケーブルがちと多い。。。

ディスプレイからボックス、ボックスからHDMIとバッテリーへの3本ケーブルがあることになります。

なので短い0.3mのHDMI0.3mのmicroUSBケーブルを買いました。

ヘッドマウントディスプレイ比較

を利用しました。

それぞれ使い分けかつ好みの部分があるので、現場によってどれを持っていくかを選択かなと思います。

DJI Goggles(http://dration.com/dji-goggles-review)

自分以外の人に体験してもらいたい時 → でかい!両目が塞がれる!

VUFINE+(https://amzn.to/2qPpdRk)

室内でFPVするとき → びっくりするぐらい小さい!気軽!

AirScouter(http://www.brother.co.jp/product/hmd/wd300a/index.aspx)

外での現場運用 → 中間のサイズ感かつ明るさが片目でも観やすいレベル!

贅沢なフルアーマーTello

iPhoneからHDMIに出力できる端子(https://amzn.to/2qOtX9E)を利用してエアスカウターに出力しました。

見える雰囲気はこんな感じ(写真撮るの激ムズでしたw)

公式ページAirScouter WD-300A

http://www.brother.co.jp/product/hmd/wd300a/index.aspx

 

dration%e7%94%bb%e5%83%8f-122
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Facebook